menu

bkou 美容と健康

シャンプー中のマッサージで白髪を予防


髪の毛のトラブルといえば抜け毛や薄毛、枝毛などいろいろありますが、ほとんどの方が経験するのが白髪ではないでしょうか。
白髪は老化現象の一つで、メラニン色素が減少することにより透明に近い髪の毛が生えるようになります。
老化は避けられないとはいえ、やはり白髪にはなりたくないですよね。
30代~40代で生え始めるのが一般的ですが、初めて自分の髪に白髪を見つけた時はショックを受ける方が多いといいますね。
そんな白髪を予防するために大切なのが、シャンプーの使い方です。
頭皮と髪を傷めるゴシゴシ洗いは、当然良くありませんし頭皮トラブルの原因にもなります。
シャンプーをする時は、頭皮の血行を良くするイメージでマッサージをしていきましょう。
両手の指の腹でマッサージしながらシャンプーすることで、血流が良くなり栄養が隅々まで行き渡るようになります。
栄養がしっかりと行き渡れば、髪の寿命を延ばすこともできるでしょう。
そして泡立てたあとはしっかりと洗い流します。
自然乾燥ではなく、ドライヤーで頭皮を乾かすことも忘れずに。

 

シャンプーを使った正しい洗髪方法

ほとんどの方は毎日シャンプーをすると思いますが、間違ったシャンプーが頭皮を傷め、抜け毛を招いてしまうこともあります。
シャンプーの仕方を人からきちんと教わる機会は少ないため、親や兄弟の洗い方を見て学んだり、自己流でなんとなく洗ったりすることが多いと思います。
お風呂に入っていきなりシャンプーを泡立て洗髪を始める方も多いと思いますが、この洗い方はNG。
まずはブラッシングをして、髪の毛についたホコリなどの汚れを落とすことから始めましょう。
ブラッシングが終了したら、次にお湯で頭皮の汚れを落とします。
お湯だけでも髪と頭皮の汚れはある程度落ちますので、まずはぬるま湯でマッサージするように頭皮を洗っていきましょう。
そしてようやくシャンプーの出番です。
頭頂部や両サイドなど、全体にシャンプーが行き渡るように泡立てていきましょう。
指の腹でマッサージをして、頭皮に詰まった脂汚れを落としていきます。
そして最後はしっかりとすすいでいきます。
髪の毛だけでなく、根本のすすぎ残しにも注意してくださいね。

 

自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶコツとは

ドラッグストアのシャンプー売り場には、数多くのシャンプーが並べられています。
これだけ種類が多いと、「一体どれを使えばいいの?」と迷ってしまいますよね。
どれも選んでも同じ…と、香りやボトルの可愛さだけで選んでしまう方も多いかもしれません。
ただ、一見すると同じように見えるシャンプーですが、配合成分はそれぞれ異なります。
市販で売られている比較的安価なシャンプーの多くは界面活性剤が含まれています。
界面活性剤は洗浄力が強く、頭皮に詰まった脂汚れなどをしっかり落とせる点が魅力といえます。
しかし、洗浄力が強すぎるため、乾燥肌や敏感肌の方にはあまり適していません。
頭皮への刺激が気になる場合は、石油由来の界面活性剤を使用したシャンプーは避けた方が無難です。
最近では薬用シャンプーなども売られていますので、フケや乾燥など肌トラブルが気になる方は、薬用シャンプーを選ぶといいかもしれません。
まずはボトルの成分表記を確認し、どの成分が多く含まれているのかをチェックすることが大切です。


関連記事

2019年3月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

カテゴリー