menu

bkou 美容と健康

水元公園は大人におすすめの美しい公園です


東京の端にある水元公園は無料で利用できる美しい公園です。
私は時々土手を走って自転車で水元公園まで行きますが、夏も秋も春も冬も雰囲気が変わって楽しめます。
特に秋は紅葉が美しいので、ぜひ一度は行ってみてほしいですね。
これといった遊び場があるわけではないので子どもは飽きてしまうかもしれないけれど、大人の散歩コースとしては最適です。
また、私は野鳥観察が好きなのですが、水元公園ではいろいろな野鳥を見ることができますよ。
水元公園にはアオサギやアオバト、カルガモやカワセミなどいろんな鳥がいます。
私が一人で野鳥観察していた時にはアオサギがいました。
草むらの中を歩いていて、デジカメで撮影したのを覚えています。
タイミングが合えば猛禽類にも出会えるそうですが、野生の猛禽類はまだ見たことがないですね。
水辺もキレイで、何も考えずにぼーっとできるのでストレスが溜まった時などに行くと癒やされます。
広い駐車場もあり、駐車料金は一時間200円です。

公園の遊具が減り規制が増えた

子どもがいるママさんにとって、生活圏内に最低一つは公園があった方がいいですよね。
思いっきり子どもが遊べる場所ってなかなかありませんから、公園くらいは走り回ったり遊具で思いっきり楽しんだりしてほしいなと思います。
ただ、最近は公園の数がどんどん減ってきているらしいのです。
正確には、公園の数というよりも公園の遊具が減っているみたいですね。
そのため公園というよりただの広場のようになってしまっているところもたくさんあります。
子どもが遊具でケガをするケースもあるので、子どもの安全を考えて撤去してしまったのかもしれません。
また、公園ではしゃぐ子どもの声を騒音と捉える人も少なくないようです。
特に最近は騒音に関する苦情が多く寄せられているそうで、規制も増えてきました。
公園くらいは思いっきりはしゃでほしいと思うのですが、こう規制が多いと思う存分遊ばせることもできません。
世の中がどんどん子育てしづらい環境になっている気がして複雑です。

公園にあるスタンダードな遊具といえば

公園の遊具っていろいろありますよね。
もっともメジャーなのは滑り台でしょうか。
滑るのは楽しいけれど、あれって鉄でてきているので夏はものすごく暑いんですよね。
それからスカートだと皮膚が擦れて痛いんです。それでも楽しいのでみんなと一緒に滑るんですけどね。
私が一番好きだったのはブランコでした。
小学校にはブランコがあって、4つのブランコをみんなで取り合いしていたのを覚えています。
一つのブランコに二人で乗って一人が立ちこぎしたり…懐かしいです。
あとは広い公園だとジャングルジムやうんてい、登り棒などもありますよね。
砂場も公園の代表的な遊具ですが、最近は数が減ってきたと聞きました。
砂場で泥だらけになって遊ぶのってものすごく楽しいですけどね。
最近の子供たちがあの砂遊びの楽しさを知らないと思うと、かわいそうな気持ちになります。
そして大きな公園にはローラーすべり台があるところもあります。
無料で遊べるし運動にもなるので、子どもができたら近所に広い公園があるところに引っ越したいです。


関連記事

2019年3月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

カテゴリー