menu

bkou 美容と健康

プロテインダイエットが悪玉菌を増やす原因に


一時期プロテインダイエットにはまっていました。
糖質は極力とらず、タンパク質をたくさん摂取するというダイエット法です。
タンパク質を多く摂取することで、筋肉がつきやすくなり基礎代謝が上がるのだとか。
その結果リバウンドしにくい体質に変わるのだそうです。
しかし、プロテインダイエットをしていく中である問題に直面しました。
それはオナラや便がやたらと臭くなるということです。
実はプロテインなどのタンパク質は、悪玉菌のエサになりやすいのだそう。
糖質を摂らずタンパク質ばかりを摂取してしまったので、悪玉菌が過剰に増えてしまったのです。
そして悪玉菌はタンパク質をエサにしたあと硫化水素やスカトールなどのガスを発生させるため、オナラや便が臭くなってしまうんですね。
結局プロテインダイエットは途中で止めました。
糖質を摂らないので体調も優れないし、私の体質には合っていなかったようです。
今はバランスのいい食事を心がけ、食物繊維を多めに摂っていますが、オナラや便のニオイはほとんど気にならなくなりました。

腸には善玉菌と悪玉菌の他に日和見菌もいる

腸の中には、善玉菌と悪玉菌が棲んでいるということは皆さんご存知だと思います。
でも日和見菌については聞いたことがないという方が多いでしょう。
日和見菌は善玉菌にも悪玉菌にも含まれない、いわばどっちつかずの菌。
しかし、腸内で優勢に働く菌の味方をするという性質を持っています。
ちなみに腸内細菌の割合は善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7がもっとも健康的なバランスだと言われています。
善玉菌が悪玉菌より優勢であれば、自然と日和見菌も善玉菌の味方をするようになります。
しかし、もし悪玉菌が上回ってしまったらどうでしょうか。
日和見菌は悪玉菌側に付くようになり、腸内環境を悪化させてしまいます。
そのため善玉菌の数が上回るように、腸に良い食事や生活をしなければならないんですね。
肉ばかり食べたり、脂っこい食事ばかり取っていると悪玉菌は増えやすくなります。
欧米の食事は日本人の腸には合わないことも多いので、過剰に食べすぎないように注意しましょう。

悪玉菌が繁殖するとこんな症状が起こります

悪玉菌が増えると、風邪をひきやすくなったり病気になりやすくなったりするといわれています。
これは、悪玉菌が増殖することによって免疫機能が衰えてしまうことが原因です。
もし風邪をひく回数が増えたり体調の優れない日が増えたりしたら、腸内環境の悪化を疑った方がいいかもしれません。
ちなみに、他に腸内環境を確認する方法としては、オナラや便を確認するというものがあります。
悪玉菌が増えるとガスが発生するので、オナラや便が臭くなるんです。
健康な人でも多少はニオイがあるものですが、硫黄のような強烈なニオイがするという人は、腸内環境が悪くなっている可能性が高いです。
そして肌荒れや口臭がひどい人も要注意。
悪玉菌によって産生された有毒物質は、血液を通って全身にいきわたります。
そのため呼気となって口から排出されたり、肌にダメージを与えて吹き出物ができたりするんです。
オナラや便や口が臭い、肌が荒れる、風邪をひきやすいなどの症状がある方は、悪玉菌を減らす生活に取り組んだ方がいいでしょう。

転職のストレスで悪玉菌が増殖、体調が悪化

肌荒れやアレルギー性鼻炎、便秘やお腹の張りなどに悩まされています。
胃腸科で診察を受けたところ、腸内にたくさんの宿便とガスが溜まっていることがわかりました。
宿便が溜まった状態だと、悪玉菌が増殖してガスを作り出すのだそうです。
そして腸内環境がどんどん悪くなり、肌にも悪影響を及ぼすようになるのだとか。
また、悪玉菌が増えるとアレルギーやアトピー性皮膚炎が悪化することもあるそうです。
私の鼻炎が悪化したのは、恐らく悪玉菌が増えたことが原因でしょう。
便秘に悩まされるようになったのは2年ほど前からです。
原因ははっきりとはわかりませんが、職場が変わったことによるストレスが原因かもしれません。
ちょうど転職したあたりから便秘になり体調も悪くなっていきましたからね。
悪玉菌はストレスで増えることもあるそうなので、体調を改善するにはストレスを取り除くのが一番です。
でも生活があるのでそう簡単に仕事を辞められないですよね。
ストレスと上手に付き合いつつ、悪玉菌を減らす方法を探さなければなりません。


関連記事

2018年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

カテゴリー