毛ジラミ 薬用シャンプー

毛ジラミには薬用シャンプーで対処!

   

              
毛ジラミの駆除は、実のところ、言う程簡単ではないそうですね。

 

なぜなら、毛ジラミは寄生している間、性器周辺の皮膚から吸血することで痒みを引き起こすだけでなく、陰毛にたくさんの卵も産み付けるからです。

 

その数は、メス1匹につきおよそ40個とのことでした。となると、毛ジラミを駆除するとなると、この卵まで一掃する必要がありそうですね。成虫だけを駆除したところで、残った卵が孵ってしまっては意味がありませんから。

 

しかし、卵は0.1㎜ととても小さい関係上、肉眼で見付けて全部除去するというのは、難しいそうです。

 

そこで、対処法として推奨されるのが、毛ジラミを含むシラミ全般を駆除できる薬用シャンプー「スミスリンシャンプー」とのことでした。

 

なんでも、これで3日に1回の頻度で、およそ2週間に渡り洗い続ければ、陰毛を剃ることなく毛ジラミを卵諸共駆除できるのだとか。

 

ちなみに、普通のシャンプーでも、毛ジラミの成虫は除去できるため痒みも抑えることはできますが、卵には浸透しないため、あくまでも一時凌ぎにしかならないみたいです。

 

となると、何時毛ジラミにかかっても良いよう、スミスリンシャンプーを1本買い置きしておく方が良さそうですね。私も今度薬局で探してみます。

 

 

毛ジラミの感染経路は?

 

毛ジラミの感染経路というのはどこなのでしょうか。

 

陰毛と陰毛が触れ合うことで感染するのですが、タオルなどから感染してしまうこともあります。

 

毛ジラミは毛に寄生していますので、性交渉において陰毛の接触による感染が大半です。

 

陰毛だけではなく、胸毛や太ももの毛、頭髪など毛であればどこでも寄生をします。

 

母子感染、先頭における毛布や下着といったものを媒介して感染する場合もあるので注意が必要です。

 

毛ジラミの主な症状ですが、やはり痒みです。

 

痒みを感じない人もいるのですが、このようなタイプの人は極めて稀です。

 

基本的に激しい痒みに襲われる、というのが一般的です。

 

そして激しい痒みを感じている場所を見ると、そこにはフケのようなものがたくさんあるのですが、それが毛ジラミです。

 

毛ジラミに感染しているにも関わらず、いつまでも治療をしていなければ、感染を拡大させてしまいます。

 

しっかりと責任を持って治療を行うようにしてください。

 

痒みを伴い、毛ジラミを目視できた時には、もう迷わずにすぐに病院に行きましょう。

 

陰毛を全て剃ってしまうのも簡単であり、確実に治療できるのでおすすめです。

 

自宅でもカミソリ等があれば簡単に実践することができますので、試してみてはどうでしょうか。